news コンセプトお知らせ

2021.04.13日本遺産認定記念の万葉歌碑が近鉄信貴山下駅前に建立されました。

日本遺産認定を記念し、近鉄信貴山下駅前広場に『万葉集』巻5−877番の山上憶良歌の歌碑を建立しました。歌碑の監修と揮毫は奈良女子大学名誉教授の坂本信幸先生にお願いし、見事な歌碑が出来上がりました。敬愛する大伴旅人が太宰府から瀬戸内海を遡り奈良に帰る時に詠んだという背景にちなんで、石材を瀬戸内海の白石島で採れる白石を使用しています。万葉人が、どのような思いで大和の西の出入口である龍田山を越えていたのか。歌碑の前ので、是非その思いに触れてください。

万葉歌の紹介はこちら